目次へ
before1970's  
                   
     
1964年:女性3人で七宝造形グループSOL工房を起こす/1968〜1970年:女性の顔をデザインしたアクセサリー、七宝絵、クロックの文字盤を有線七宝で制作/1970年:銀座松屋で個展/1974年:初出版「新技法シリーズ(七宝焼)」/1970年後半〜1980年代:写真製版によるシルクスクリーン七宝を始める/1978年:食べ物を七宝でリアルに再現  西武池袋で「注文の多い料理店」開催
   
1980's  
                   
               
1980年:「シルクスクリーン七宝」を出版/1980年代:七宝の表面に漆を塗った「うるしっぽう」を開発/1984年:国立近代美術館で「今日のジュエリー世界の動向展」開催/1987年:36人の作家による「多感、好奇、漆展」に参加してコーディネイト/1989年:不思議な輝きを湛える「きらえくら」を開発・制作
   
1990's  
                   
         
1991年:ガラスに七宝を焼き付ける「ヴィトレマイユ」の研究を開始 多数の作品を発表/2000年:ニューヨークやシカゴ等で「ヴィトレマイユ展」開催
   
Since2000's  
                   
 
       
2003年:「長谷川淑子造形展」(銀座プラスマイナスギャラリー)/2003年〜:「アントルパピエのあかりとジュエリー展」を東京、京都、金沢、福岡等全国の都市で開催/2007年:「トロンプルイユのシャツ(騙し絵のシャツ)」を作成/2007年〜2012年:1888年の江戸小紋着物の染め型に漆を塗り、楮和紙に漉き込んだ「アントルパピエのあかり展」を全国の都市で開催/2011年:法隆寺に代表される厨子を、「うるしっぽう」の技術を用いて現代の生活スタイルにあわせて再現。金沢、大阪、水戸、東京の個展で発表
   
目次へ
目次に戻る